今すぐ会社を辞めてしまえ!   〜決断出来ない貴方へ〜

実践的心理学とコーチ目線からみた日常

【入院と食欲のお話】〜さほどお祭り好きって訳でも無いのだが(汗)〜

人生初の車椅子と入院

 

入院して思った事の一つは

 

食欲って「イベント」なんだな〜

って改めて考えさせられた。

 

今回患った病気のでは治療を進める上で

固形物をしばらく口に出来ません。

 

なもんだから一昨日から水分(水・お茶)

以外口にしてません。

 

点滴で栄養や必須エネルギー必要分

が供給されていれば空腹感さえ感じない。

f:id:hawkace7187:20170726100838j:plain

胃袋に食べ物が入っているか、

入っていないかは関係無いんだ〜。

 

にも関わらずあれが食べたい

これが食べたいって考えちゃう。

まさしく「欲」そのものですよね。

 

体は必要としてないのに欲して

いる。

 

つまり

 

食べるという行為が生きる事とは

別のレベルで存在していると

今更ですが再確認しますた。

 

もっとも一般的に食欲と呼ばれて

いるものにも種類があって

生理的なものと感覚的なもの

 

生理的なものは栄養素やエネルギー

が不足して生体活動の一環として

体(脳)が求める食欲。

 

これはさっきも述べたように

経口でなくても、点滴などで

満たす事が出来ます。

 

感覚的なものは視覚、嗅覚、味覚

そして記憶などからの刺激により

発生する食欲ですね。

 

TVから流れるグルメ情報

赤提灯の向こうから漂う

炭火焼の香り

f:id:hawkace7187:20170726102106j:plain

いつか食べたあの美味しい料理

 

味や食感、その場の楽しさを記憶

しててそれを求めるって事ね

 

これが厄介で生理的に十分な量を

得ていても、また胃袋に食べ物が

入っていても欲しいと感じて

しまいます。

 

空腹感があるかどうかとは

関係なく食べたくなる思い。

 

イベントとして「生きる」とは別で

確立された欲求

だからこそ過食や拒食とかの引き金

になっちゃったりするのかもね。

 

もはや食欲つうか食を楽しみたい欲

だよな〜。

 

楽しみたい欲だから「パリピ欲」とか?