今すぐ会社を辞めてしまえ!   〜決断出来ない貴方へ〜

実践的心理学とコーチ目線からみた日常

【痛みの欲求】〜自己満足の衝動と意味付け〜

玉のような汗が次から次へと
額から滴る‥‥

 

緊張と期待の両方が僕の感情を
かき回す。

 

すぐ隣に腰掛ける髪の長い
彼女に気づかれないよう
努めて何食わぬ表情を
するが、時折注ぐその視線は
全てを見透かしているようだ。

 

これから体験するであろう
小さな痛みは僕にとって
避けるべきものなのか?

 

それとも‥‥喜び?

 

来るべき時を座ってただ‥‥
そう、ただ待っている。

だって、もう知ってしまった
から。

 

そわそわと落ち着かない
僕の両の眼はただあてもなく
宙を彷徨ふ。

 

いよいよだ!

 

貴方は僕の手をそっと取り
優しく語りかける。

f:id:hawkace7187:20171008183435j:plain

僕は従順にその語りかけに答え

貴方はまた語りかける

 

多くはないその笑みと言葉は
僕を安堵させるには十分な魅力を
持っていた。

 

僕は促されるまま横になり
貴方に身を任せた。

 

ふぅ

 

一つ大きく息をして瞼を閉じ
その瞬間を待つ僕の胸には
期待にも恐れに似た感情が
綯い交ぜになり鼓動となって
押し寄せる。

 

 

 

プス!

 

チクリとした痛みはすぐに
遠のき
貴方の声だけが僕の耳を
支配する。

 

は〜い
ゆっくりで良いから
グーパー、グーパーして
下さいね〜

 

良かった!今日は一回で
ちゃんと血管に刺さって
くれたようだ。

 

何回経験してもこの瞬間は
緊張する。

 

今日は10回目の献血
なんと記念品までもらって
しまった!

 

f:id:hawkace7187:20171008183517j:plain

中々、名のある方の作品
らしい。

 

f:id:hawkace7187:20171008183546j:plain

先日のことですが
詰めてる大学に献血車が来て
たので業務の合間に
血ぃ吸われて来ましたよ。

 

もはや趣味?

貢献の秋とでも
しときましょうか?

 

それにしても待機用の車両の
エアコンの効きの悪いこと。
汗が滴ったわ〜。

 

ただでさえ汗かきだから
隣の結構可愛い学生さんに
「このおっさん汗臭そうだな」
と思われないよう、気合いで
汗を止めようと思ったけど、

 

やっぱ無理だったわ。